地球温暖化と生産構造の変化に対応できる北海道農林業の構築 1.温暖化の影響に対する柔軟な対応(農業分野における温暖化対策) 1)地球温暖化による農業気象資源の変動が主要作物に及ぼす影響の予測 (4)飼料作物に対する影響予測

地球温暖化と生産構造の変化に対応できる北海道農林業の構築 1.温暖化の影響に対する柔軟な対応(農業分野における温暖化対策) 1)地球温暖化による農業気象資源の変動が主要作物に及ぼす影響の予測 (4)飼料作物に対する影響予測

県名北海道
研究機関名北海道立畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜22
年度2009
概要目 的:、地球温暖化が道内の飼料作物(牧草,ホールクロップサイレージ用および子実用トウモロコシ)の生育や収量、栽培適地等の変化に及ぼす影響を明らかにする。、成 績:、 2030年代の札幌の予想気象が1997年の盛岡の気象経過に近いこと等から、同地のホールクロップサイレージ用では現在より収量が18%増える見込みと試算された。
研究分担環境草地部草地飼料科
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030154100
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat