シックスクール対策用木質内装材料の開発

シックスクール対策用木質内装材料の開発

県名北海道
研究機関名北海道立林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜21
年度2009
概要○研究目的、 学校内のVOCは躯体や下地から発生し,内装材を透過して室内に流入する場合が多いと考えられる。そこで,これらを遮断するために,他材料との複合化によってVOC遮断性能の評価値を持つ木質内装材料を開発する。、○期待される成果、 学校の居住環境の向上および生徒の健康・安全の維持が期待される。
研究分担性能部性能開発科
予算区分道単
業績(1)短伐期収穫ヤナギを原料とするエタノールの製造実験(1)−グルコースへの変換率におよぼす構成成分の影響−
(2)ヤナギの濃硫酸による糖化(加水分解)性−トドマツとの比較−
(3)ヤナギからバイオエタノールを作る
(4)短伐期収穫ヤナギを原料とするエタノールの製造実験(2)−蒸煮処理したヤナギ材部の糖化および発酵性−
(5)短伐期収穫ヤナギを原料とするエタノールの製造実験(3)−ライフサイクル的思考による環境性の一考察−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030154220
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat