バイオガス利用促進に向けたアンモニア揮散抑制技術の開発

バイオガス利用促進に向けたアンモニア揮散抑制技術の開発

県名北海道
研究機関名北海道立林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要○研究目的、 消化液を農地散布または貯留する際のアンモニア揮散を抑制するため,吸着効果を有する木質熱処理物の現場での適用を想定した利用技術を開発する。併せて,現場処理に適した木質熱処理物の製造条件を確立する。、○期待される成果、 バイオガス利用システムの中で大きな課題となっているアンモニアの揮散およびそれに伴う液肥効果の低下や周辺環境へ及ぼす悪影響の改善のほか,土壌への炭素貯留の促進による環境への負荷低減が期待される。
研究分担利用部化学加工科
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030154238
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat