衛生管理における食中毒菌のモニタリング方法に関する研究

衛生管理における食中毒菌のモニタリング方法に関する研究

県名北海道
研究機関名北海道立釧路水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21
年度2009
概要目的:魚卵、塩辛及び薫製などの非加熱で製造、喫食される水産加工食品(RTE型水産加工品)ではリステリア汚染が危惧されており、一部の製造施設ではバイオフィルム形成によるリステリア汚染が確認されている。そこでRTE型水産加工品製造施設でのバイオフィルムについて化学的(薬剤)および物理的(スクレイピング等)処理を行い,処理前後のバイオフィルム菌叢の変化とリステリアの挙動を把握することにより,食中毒菌の効果的モニタリング方法確立に向けた基礎データを得る。
研究分担利用部
予算区分受託(厚生労働省)
業績(1)水産食品の衛生について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030154311
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat