既設農業用コンクリート施設の供用年数の推定手法の確立

既設農業用コンクリート施設の供用年数の推定手法の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完19〜21
年度2009
概要【目的】既設農業用コンクリート施設の耐久性を簡易的な手法(目視調査および簡易測定調査)で調査し、実用的な供用年数の推定手法を確立することにより、より経済的な農業農村整備事業の実施に寄与する。、【得られた成果】既設コンクリート構造物の劣化と供用年数との相関関係を把握し、実供用年数を推定する手法を確立し、県庁主幹課及び事業関係者に成果を提供、
研究分担農業経営研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030154862
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat