浄水ケーキと牛ふん堆肥を利用した新資材「浄水ケーキ堆肥」によるリン酸過剰土壌の改良

浄水ケーキと牛ふん堆肥を利用した新資材「浄水ケーキ堆肥」によるリン酸過剰土壌の改良

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜21
年度2009
概要目的:、 施設土壌では7割以上がリン酸過剰となっており(農業センター:平成11年),苦土,石灰,亜鉛,鉄欠乏などの生理障害を引き起こす原因となっているが,リン酸は移動性が小さく除去は極めて困難である。そこで,産業廃棄物である浄水ケーキに牛ふん堆肥を添加した,リン酸固定力のある「浄水ケーキ堆肥」を用いて土壌に蓄積した過剰リン酸を固定し,作物生育の改善を図る施用技術を確立する。、成果:、 高リン酸土壌において「浄水ケーキ堆肥」を10a/10t施用することで安定したリン酸低減効果が得られた。収量および養分状態への影響は明確ではなかった。「浄水ケーキ堆肥」施用時に還元消毒を実施しても適正な栽培条件下においてはマンガン過剰の問題はないと考えられた。
研究分担園芸環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155113
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat