「ひとめぼれ」を遺伝背景とした耐冷性準同質遺伝子系統の育成と圃場評価

「ひとめぼれ」を遺伝背景とした耐冷性準同質遺伝子系統の育成と圃場評価

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2009
概要目的:「ひとめぼれ」にジャワ型品種「Silewah」「Pakhe Dhan」や耐冷性中間母本「北海PL9」がもつ穂ばらみ期耐冷性遺伝子Ctb1,Ctb2,qFLT-6,qCTB-8をそれぞれ導入し,「ひとめぼれ」の優良な農業形質を維持したまま,耐冷性がさらに強くなるかどうかを実証するとともに,準同質遺伝子系統(実用的な高度耐冷性品種)を育成する。さらに,各準同質遺伝子系統どうしの交雑により耐冷性遺伝子を集積させ,より高度な耐冷性を有する準同質遺伝子系統を作出する。、成果:準同質遺伝子系統の耐冷性及び実用形質評価:qFLT-6の準同質遺伝子系統の稔実率は「ひとめぼれ」と同等か,やや高かった。しかしながら,対照系統のQTL座がひとめぼれ型であるにも関わらず稔実率が高いこと,さらに,導入領域が53kbの系統の稔実率の向上効果が2カ年とも小さいことから,qFLT-6の効果は判然としなかった。、 Ctb1,2とqCTB8の準同質遺伝子系統の稔実率は,昨年同様「ひとめぼれ」と同等以下だった。2カ年の準同質遺伝子系統の稔実率や遺伝子型の結果を総合的に勘案して,Ctb1,2とqCTB8は,「ひとめぼれ」に単因子で導入することでは効果が発揮されないと考えられた。qFLT-6は,効果が明瞭ではないが,2カ年の耐冷性及び圃場評価に基づき,耐冷性準同質遺伝子系統候補として2系統を選抜した。、 耐冷性関連遺伝子集積系統の養成:qFLT-6の準同質遺伝子系統2種とqCT-4の準同質遺伝子系統4種による計8組み合わせの交配を実施し,それぞれF1種子を得た。、 ブータン品種「Kuchum」由来の耐冷性関連遺伝子座qCT-4のマッピング:QTL解析により 2集団において,RM5687座にLod値のピークが検出された。組換え固定系統による稔実率調査の結果,QTL検出領域が「Kuchum」型の系統は,「ひとめぼれ」型の系統と比較して,稔実率が高く,上記で検出されたQTLの存在が裏付けられた。以上の結果から,遺伝子候補領域はS72D08-2からS38P21-1の間の約5.5Mbpと予想された。qCT-4の準同質遺伝子系統候補として2系統を選抜した。
研究分担作物育種部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155143
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat