効率的な黒毛和種種雄牛造成とその活用法に関する研究

効率的な黒毛和種種雄牛造成とその活用法に関する研究

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜
年度2009
概要目的:体外受精技術により子牛を生産・肥育し,産肉成績を求め、現場後代検定と異なる新たな検定システムを実証する。、成果:母牛データを特定した個体識別体外受精(個別IVF)卵産子の枝肉データを予測育種価(BV)の算出に用いることで,個別IVF卵産子を現場後代検定牛に置き換えて分析し,現行の現場後代検定法よりBVの正確度を上昇させることができた。また,牛の体外受精技術と体細胞クローン技術により子牛を生産・肥育して産肉成績を調査し,黒毛和種候補種雄牛産肉能力検定の可能性を実証した。
研究分担酪農肉牛部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155181
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat