「きのこリンケージ」による森林資源循環システム再構築に関する研究

「きのこリンケージ」による森林資源循環システム再構築に関する研究

県名宮城県
研究機関名宮城県林業技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:生産残渣(キノコ栽培廃菌床等)を林内で肥料化し、山菜栽培やキノコ野外栽培への再利用を通して森林へ還すという環境システムを構築する。、成果:きのこ栽培廃菌床等を利用したオオイチョウタケの野外栽培とその栽培跡地でのモミジガサの後作について検討した結果、オオイチョウタケの発生ビークは菌床埋設後3年目にあったことが示唆された。モミジガサの生長は畑土区を対象とした場合、バーク堆肥区、キノコ廃菌床区で良好な生長を示した。
研究分担地域支援部
予算区分県単
業績(1)オオイチョウタケ栽培跡地におけるモミジガサの生育状況
(2)スギ林床を利用した山菜・キノコ栽培
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155214
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat