資源評価調査事業

資源評価調査事業

県名宮城県
研究機関名宮城県水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2009
概要目的:日本国周辺水域における水産資源の回復と持続的利用の科学的基礎となる主要魚種の資源評価を行う。、計画:生物情報収集調査,漁場一斉調査,資源動向調査,沖合海洋観測等調査,新規加入量調査を実施して,本県沿岸・沖合海面における資源評価対象種の基礎データを収集する。、成果:収集したデータは資源評価調査事業のデータ入力システムであるfresco(フレスコ)により登録するとともに本県属人漁業関係者へ漁海況情報等として情報提供した。資源評価結果は,本県が担当する底魚類, サンマ, サバ, イワシ, スルメイカのブロック資源評価会議等で報告した。
研究分担環境資源部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155221
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat