日本周辺国際魚類資源調査

日本周辺国際魚類資源調査

県名宮城県
研究機関名宮城県水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2009
概要目的:資源の持続的かつ安定的な利用確保をはかるため,我が国周辺水域及び隣接する公海を回遊するカツオ・マグロ類等の高度回遊性魚類資源に関する科学的データを完備し,関係各県と共に調査を実施する。、計画:調査はカツオ類・マグロ類・カジキ類・サメ類を対象とし,県内各魚市場に水揚げされた量,金額等を調査し経年的な変化を把握するとともに,資源評価の基礎資料とするため体長測定や卵巣を採取した。、成果:本事業で取得されたデータは(独)水産総合研究センターが公刊する「日本周辺高度回遊性魚類資源調査委託事業報告書」に掲載される。
研究分担企画情報部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155222
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat