環境変化に対応した砂泥域二枚貝類の増養殖生産システムの開発

環境変化に対応した砂泥域二枚貝類の増養殖生産システムの開発

県名宮城県
研究機関名宮城県水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目的:メッシュ法により仙台湾全域の底質分布を把握し,底質とアカガイ分布との関連を明らかにし,アカガイ生息に好適な底質環境条件を解明する。放流用種苗をより効率的に生産する技術開発と放流技術を開発する。内容は以下の5課題、計画:(1)細菌症に対応した二枚貝人工種苗生産技術の開発,(2)省作業アカガイ中間育成技術の開発,(3)アカガイファームの好適環境条件の解明,(4)アカガイファーム創生のための効果的種苗放流手法の開発,(5)アカガイの遺伝的リスク管理技術の開発、成果:(1)細菌症に対応した二枚貝人工種苗生産技術の開発、 アカガイの幼生には連続浸漬以外の区ではいずれの濃度,浸漬時間においても変化は見られなかった。しかし連続浸漬の試験区では,低濃度のグリシン濃度でも,特に浮遊幼生期で死亡率が顕著に高くなった。、(2)省作業アカガイ中間育成技術の開発、 7月に中間育成に供した群の成長は7-9月に顕著で,約5mm/月の成長が見られた。9-1月では約2.5mm/月となった。9月に中間育成に供した群においても7月に中間育成に供した群と同様に9-1月では約2.5mm/月であった。以上から初期成長では7-9月の高水温期で最も成長が顕著であることが確認された。1月時点で両群の成長差は約1.0cmとなった。以上から,大型放流用種苗の作出には,高水温期に中間育成に供することが効果的で,早期採苗による早期の沖出しが有効であると考えられた。、(3)アカガイファームの好適環境条件の解明、 調査項目のうち,酸化還元電位,全硫化物,強熱減量及び粒度組成は分析終了し資料整理中,また有機炭素量と全窒素量は分析中である。仙台湾の貧酸素水分布調査では,底層水の溶存酸素量が,8月調査時にアカガイ漁場のほぼ全域で6mg/L以下,9月調査時には仙台新港から閖上沖のアカガイ漁場全域で4mg/L以下となっていた。、(4)アカガイファーム創生のための効果的種苗放流手法の開発、 事前調査で,アカガイの生息密度が高い漁場ほど,再捕率が高くなる傾向があった。一方,平均殻長の増加はアカガイの生息密度が低い漁場ほど良好であった。、(5)アカガイの遺伝的リスク管理技術の開発、 石巻湾では北部や南部に比べると,全体的に密度は小さくみられたが,一部15m付近には18.7個//1,000m2と周辺に比べて高いところもあった。北部では,エリア北側の20〜25m,南部では岸側で密度が高くなる傾向が確認され,水深や底質などの環境条件や漁業権にともなう漁獲条件がアカガイの分布状況に関係しているものと考えられた。
研究分担養殖生産部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155254
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat