人と環境に優しい新たな秋田米生産技術体系の確立

人と環境に優しい新たな秋田米生産技術体系の確立

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新(H20)〜(H22)
年度2009
概要目的:長期にわたり「あきた米ブランド」を堅持するために、収量・品質・食味の維持向上と共に環境負荷の軽減を前提とした新たな技術の開発・組み立てを行う。、計画:現地において、病害虫、雑草の減農薬防除、有機肥料導入を組み合わせた特別栽培米生産の実証試験を行う。、成果:集落営農規模での減農薬防除体系の実証に成功した。新規成分を含む除草剤の防除基準への採用や初期剤との組合せの試験で有効な体系を確認した。減農薬防除実証体系の主要農薬成分についての残留分析ではいずれも定量限界である0.01ppm未満であった。
研究分担生産環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155270
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat