ジベレリン処理を活用したヤマノイモの画期的な生産技術の開発

ジベレリン処理を活用したヤマノイモの画期的な生産技術の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H21)〜(H23)
年度2009
概要目的:新芋生産上不必要なむかごの発生を抑制し、新芋の発育促進、収量増加と品質向上のために最適なジベレリン処理方法を開発する。、計画:圃場で有効な処理濃度と開始時期の解明、成果:出芽6週間以前に50ppm以下が適当であった。
研究分担野菜・花き部
予算区分受託(県立大)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155299
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat