食品廃棄物などのセルロース系バイオマスからのバイオリファイナリー製品の製造技術の開発

食品廃棄物などのセルロース系バイオマスからのバイオリファイナリー製品の製造技術の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター総合食品研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24
年度2009
概要目的:これまでに食品廃棄物や農林水産廃棄物のゼロエミッションを目指したバイオ製品製造技術の研究開発を手掛け、計画通り研究を進めることができた。これらの成果は、国内外で評価され、事業化を目指して進展している。今後、これまでの成果の事業化を見据えた時に、バイオマスから変換される製品がバイオエタノールだけでは、持続性のある産業を構築することが困難であることが明らかとなってきた。そこで、食品廃棄物などのセルロース系バイオマスからバイオエタノールだけでなく付加価値の高いコハク酸やエチレンなどを生産するバイオリファイナリー技術の開発を行い、バイオコンビナートの建設をめざした研究を行う。、 本研究課題では、セルロース系バイオマスからのバイオエタノール生産およびコハク酸生産技術の開発を行う。さらに、カドミウムを高濃度に含有したファイトレメディエーションバイオマスの物質変換についても検討を行う。、計画:、(1)コハク酸生産菌の検索、(2)コハク酸生産条件の最適化、(3)バイオマスからのコハク酸生産条件の検討、(4)各種バイオマスに適したバイオエタノール生産用酵母の育種と選抜、(5)ベンチスケールリアクターによるバイオエタノール生産条件の確立、(6)コンソリーテッドバイオプロセスによるバイオエタノール生産技術の確立、(7)カドミウムを高濃度に含有したファイトレメディエーションバイオマスの物質変換技術の確立
研究分担バイオリファイナリー
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155340
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat