ハタハタの資源変動要因と漂着卵に関する研究

ハタハタの資源変動要因と漂着卵に関する研究

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター水産振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間新(H22)〜(H26)
年度2009
概要ハタハタの資源量を律する大きな要因である発育初期の生残過程を解明する。また、種苗生産過程での天然プランクトンと成長・生残の関係を明らかにするほか、近年増加している漂着卵の簡便な管理による孵化放流技術を開発する。
研究分担海洋資源部・資源増殖部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155379
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat