野菜類の品目別カドミウム濃度の解明と吸収抑制技術の開発

野菜類の品目別カドミウム濃度の解明と吸収抑制技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要 食品中のカドミウム(Cd)濃度については、国際機関において新たな品目で基準値が設定された。国内においてもこれに準拠した基準値作成に向け検討されている。そこで、ハクサイ、ブロッコリー、ニンニク、キャベツ、アスパラガス、シュンギクのCd吸収におけるリスク評価を行うとともに、吸収を最小限に抑える栽培技術の確立を図る。、 本試験で供試した葉茎菜類7種、果菜類1種、根菜類3種の可食部Cd濃度は、品目によって濃度差がみられ、また品目によっては品種間においても濃度差がみられた。このことから、Cd対策における品目・品種転換技術の可能性が示唆された。、 土壌pHを6.5とした場合、pH6.0に比べ供試した葉茎菜類5種、果菜類1種、根菜類4種の可食部Cd濃度が低くなる傾向がみられ、またその効果は品目により差がみられた。アルカリ資材の局所施用法は全面施用法と同等のCd吸収抑制効果があり、その施用量は全面施用法の60%であった。、
研究分担食の安全環境部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155422
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat