新肥料及び新資材に関する試験

新肥料及び新資材に関する試験

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21
年度2009
概要水稲・麦栽培におけるP、K減肥基準策定のための連絡試験、 土壌のカリウム肥沃度、カリ施肥量の及ぼす水稲への影響について検討した。土壌カリウム肥沃度が低いほ場では、カリ無施肥だと慣行施肥よりも生育、収量が低下し、品質が悪くなった。土壌カリウム肥沃度に関わらず、慣行施肥より50%カリ減肥しても生育、収量への影響は見られなかった。、土壌診断・資材の特性評価に基づく適正施肥技術の確立、 各堆肥減肥区の生育は対照標肥区に対して開花期にやや劣ったが回復し高い収量を得られ、開花期から収穫期における各堆肥減肥区のカリウム吸収量の増加が特徴的であった。また、各堆肥減肥区土壌養分の残存していることから、更なる減肥の可能性が示唆された。、新たに開発された肥料等資材の効果と効率的な使用法を検討する。、 水稲用新肥料4資材について県内での適応性を評価した。
研究分担作物資源開発部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155441
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat