漁獲加入量予測モデル開発事業

漁獲加入量予測モデル開発事業

県名山形県
研究機関名山形県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜25
年度2009
概要 本県の主幹漁業である底びき網漁業の重要魚種(ハタハタ、マダラ、キアンコウ、カレイ類等)について、着底稚魚尾数と漁獲加入尾数を把握し、両者の関係に漁場環境等の要素を加えて整理検討することにより、将来的な漁獲加入量を予測するモデルを開発する。、 また、生死を環境条件に依存する脆弱な仔魚の生残状況を把握することで海洋環境の変化および卓越年級発生機構について解析を行う。
研究分担海洋資源部
予算区分県単
業績(1)重要魚種の初期加入量調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155494
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat