稲の高温障害における気象・稲体要因の解明と対策技術の構築

稲の高温障害における気象・稲体要因の解明と対策技術の構築

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター水田農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2009
概要登熟期の高夜温の影響として、千粒重および粒厚に対しては出穂後15〜25日頃が最も大きく、胴割粒に対しては5〜10日頃の影響が最も大きいと推定された。また、白未熟粒の発生には籾数の多少が影響し、籾数が少ない場合は平均夜温28℃の5日間では、白未熟粒による大幅な品質低下は発生しにくかった。
研究分担水稲研究科
予算区分外部資金
業績(1)ケイ酸供給量の異なる水田におけるケイ酸施用がイネのケイ酸吸収量に及ぼす影響,
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155540
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat