新たな水管理技術によるメタン抑制実証試験

新たな水管理技術によるメタン抑制実証試験

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター水田農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜21
年度2009
概要庄内地域のグライ土で「はえぬき」を栽培した場合、収量を維持した早期中干しでは慣行中干しより中干し期間のメタン発生量が3割削減された。早期中干しを幼形期追肥前まで延長すると、慣行中干しより中干し期間で5割、作付全期間で4割のメタン発生量が削減されるが、1割以上減収する。
研究分担水稲研究科
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155546
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat