持続的農業生産のための土壌管理指針の構築

持続的農業生産のための土壌管理指針の構築

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2009
概要目的:有機性資源の耕地への連用効果を明らかにすることにより、有機性資源の循環利用を図るとともに、環境にやさしく持続的な農業推進のための土壌管理技術を確立する。、成果:(1)水田における有機性資源連用試験、 (1)標準的な施肥を行った有機性資源施用区で化学肥料区と比較すると、生育、収量ともに優れる傾向がみられた。窒素肥料の20%減肥を行った結果、成熟期の生育については牛ふん堆肥(1)区で低下がみられた。収量は、20%の窒素肥料減肥を行うことで低下する傾向がみられたが、牛ふん堆肥(1)区、食品残さ入り堆肥区を除いて化学肥料区に比べ増加する傾向がみられた。食残さ入り堆肥区で大きく倒伏した。(2)有機性資源の施用によって、全炭素及び全窒素、CEC、置換性加里については高まる傾向がみられた。牛ふんオガクズ堆肥及び豚ぷんオガクズ堆肥、食品残さ入り堆肥の施用で特に全炭素及び全窒素、CEC、置換性塩基、可給態リン酸の5項目が増加していた。、(2)畑地における有機性資源連用試験、レタスの収量は全ての有機性資源施用区において化学肥料区に比べて優れていた。乾物重、窒素吸収量は、化学肥料区と比較し、食品残さ入り堆肥区を除いた有機性資源施用区で、乾燥重及び窒素吸収量が高まっていた。跡地土壌の化学性では、堆肥の施用によって全炭素の高まりが見られ、オガクズ入りの有機性資源の施用によって全窒素及び可給態リン酸含量の高まりが見られた。
研究分担生産環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155607
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat