果樹園での資源循環利用による環境負荷軽減技術の確立

果樹園での資源循環利用による環境負荷軽減技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H27
年度2009
概要目的:果樹園で毎年発生するせん定枝を有機性資源として利活用する技術を開発する。また、近年は収量増と果実肥大をねらい窒素肥料を多用する傾向にあるが、環境負荷の軽減と低コストを両立できる堆厩肥等施用技術を確立する。、成果: (1)堆肥の発酵には、容積重の基準にを0.6kg/l以下で進める必要がある。発芽テストや酸素消費量では、堆肥化から直ぐに堆肥化の指標となる値を示した。果樹で使用する場合は温度を指標として完成時期を判断する。(2)モモ、ナシのせん定枝堆肥を用いたコマツナのポット栽培では肥効率を設定した堆肥の施用と施肥により化学肥料区並の生育を示した。モモ、ナシのせん定枝堆肥は、初期の無機態窒素量が少なく、無機化率も低い。窒素が発現してくるまで2ヶ月かかる。、
研究分担生産環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155611
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat