果樹における化学合成農薬削減技術の確立

果樹における化学合成農薬削減技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2009
概要目的:環境に対する負荷軽減を実践しつつ、モモの主要病害に対する新防除技術を開発し、殺菌剤の使用回数の低減を図る。、成果:(1)環境負荷軽減確立試験、(1)せん孔細菌病に対して、亜鉛ボルドー液は他剤よりも防除効果が高く、スターナ水和剤は防除価は低いが防除効果が認められた。、(2)農薬50%削減リンゴ栽培技術体系の確立、(1)果実での薬液付着が感水紙評点で4.0以下であれば、灰星病菌の接種濃度が1.0×104個/ml程度の場合、感染し発病する危険性が高まると考えられた。また、ハダニ類に対してリーフディスクの薬液付着が感水紙評点で4.0以下であれば生存する危険性があると考えられた。、(2)リンゴ・モモ共通防除体系の所内試験では、慣行区と比較してリンゴおよびモモの主要病害に対し同等の防除効果が認められた。相手樹種に未登録や使用時期で問題がある農薬の使用はリンゴで1回、モモではなかった。、(3)各種薬剤および展着剤加用の有無によるリンゴ輪紋病に対する防除効果を、接種試験によって比較した。その結果、ナリアWDGおよびベルクート水和剤+アビオンEは、15日の散布間隔でも十分な防除効果が得られると考えられた。、(4)リンゴとモモの共通防除体系の現地ほ場における実証を行ったところ、リンゴおよびモモの主要病害虫に対する防除効果は慣行防除体系と同等であり、散布回数の削減や散布日の共通化の面から防除の効率化が図られた。相手樹種に未登録や使用時期で問題がある農薬の使用はリンゴの防除において1回、モモの防除において2回と慣行防除体系より少なかった。
研究分担果樹研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155612
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat