農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発、(1)東北地方の東北地方の中山間水田における指標生物の選抜及び評価手法の開発

農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発、(1)東北地方の東北地方の中山間水田における指標生物の選抜及び評価手法の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜H22
年度2009
概要目的:中山間地の水田ほ場を対象として、環境保全型農業に取り組む地区(ほ場)と慣行農業地区(ほ場)において、天敵・昆虫・小動物等を調査・比較し、地域に特徴的な指標生物を選定し、その評価法を開発する。、成果:(1)東北地方の中山間水田における指標生物の選抜及び評価手法の開発、 東北地域の中山間地の水田を主体とする地域を対象として、水稲特別栽培や水稲有機栽培など環境保全型農業に取り組む地区と慣行水稲栽培地区において、天敵・昆虫・小動物等を調査・比較し、地域に特徴的な指標生物を選定し、その評価法を開発する。、 2年間の調査の結果、環境保全型農業に取り組む地域の特徴的な指標生物種として、トウキョウダルマガエル、コオイムシ類(特にコオイムシ)、コミズムシ類(特にエサキコミズムシ)、ケシカタビロアメンボ類、コツブゲンゴロウ、コガシラミズムシ類(特にコガシラミズムシ)、アカネ属(特にアキアカネ)、モートンイトトンボ、アシナガグモ属(特にハラビロアシナガグモ)、ハナグモを指標候補とした。
研究分担生産環境部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)福島県の中山間地の水田における水生昆虫の多様性
(2)農業に有用な生物多様性の指標の開発:東北地域の中山間地水田における指標生物の選抜
(3)水田内の生物多様性調査のための水中ライトトラップの改良
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155624
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat