カツラマルカイガラムシの生態と防除技術の確立

カツラマルカイガラムシの生態と防除技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間h20-h24
年度2009
概要目的:カツラマルカイガラムシ被害防除のため、被害発生地を明らかにし、その生態を調査する。また、薬剤による防除法を検討するとともに、生態調査から有用な天敵を検索し、その利活用を図る。 成果:5月下旬にアセタミプリドを注入した結果平均80%以上の殺虫効果が得られた。Fusarium菌分生胞子の効果は6月上旬から7月中旬の散布で認められた。
研究分担森林環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155692
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat