ナツハゼ増殖手法の開発と優良品種選抜

ナツハゼ増殖手法の開発と優良品種選抜

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間h21-h25
年度2009
概要目的:機能性食品として今後の伸びが期待されるナツハゼは、現時点において挿し木等クローン増殖技術は確立されておらず、優良品種の選抜も行われていない。このため、安定的な苗木生産方法の開発と優良品種選抜を行う。 成果:ナツハゼの緑枝さしの平均発根率は53.3%であった。
研究分担林産資源部
予算区分国庫
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155695
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat