在来軸組工法における構造部材の接合技術の確立

在来軸組工法における構造部材の接合技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間h17-h21
年度2009
概要目的:県産材の特質を把握したうえで、強度特性に優れ、県産材に適した効率的な接合法の確立を目的として、木造住宅の信頼性を高め、県産材の需要拡大に資する。 成果:柱頭柱脚部においては、2本込み栓打ちが有効であり、特に2本込み栓を斜め打ちした場合に高い値で標準の必要耐力を上回った。
研究分担林産資源部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155696
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat