業務用需要に対応した露地野菜の低コスト・安定生産技術の開発

業務用需要に対応した露地野菜の低コスト・安定生産技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継、H20〜22
年度2009
概要目的:ネギの周年的安定生産を実現するため、トンネルや防寒資材の利用によって栽培環境を改善し、春どりネギの安定生産を図る。、成果:4月どり栽培における抽苔発生率は、ビニル被覆が最も多く、青色および白色不織布被覆で少なかった。また、青色不織布被覆では葉鞘および葉長が長くなった。5月どり栽培における抽苔発生は「春扇」および「羽緑一本太」で少なく、播種期が早いほど多かった。また、3月からのトンネル開放は、脱春化に十分な日中の高温が維持されないため、4月中旬からさらに抽苔発生率が高まることがわかった。
研究分担野菜研究室
予算区分受託、独立行政法人 
業績(1)4,5月どりネギ栽培における抽苔抑制
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155787
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat