露地コギクの電照技術等を利用した需要期ピッタリ出荷技術の開発

露地コギクの電照技術等を利用した需要期ピッタリ出荷技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継、H20〜22
年度2009
概要目的:露地コギク栽培において、需要期に出荷するため電照や植物生育調節剤等を用いた開花調節技術を開発し、これらを用いて県開発品種対応した開花調節技術を開発する。、成果:7〜9月出荷の作型で、3〜4時間の暗期中断で開花抑制が可能であること、発蕾期のジベレリン処理によって開花を5日程度早められることなどを明らかにした。
研究分担花き研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155793
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat