エコ農業推進のためのピーマンの減農薬・減化学肥料栽培技術の確立・実証

エコ農業推進のためのピーマンの減農薬・減化学肥料栽培技術の確立・実証

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター鹿島地帯特産指導所
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2009
概要目的:ピーマンにおいて化学農薬及び化学肥料を5割以上削減できる技術を確立・実証し、エコ農業推進のための栽培指針を策定する。  得られた成果:半促成栽培における減農薬栽培試験では、スワルスキーカブリダニ(対象害虫:アザミウマ)の12500頭/10a、4回放飼でアザミウマ類の発生少なく抑えられたが、栽培後期のアザミウマ類の増加を食い止めることはできなかった。また養液土耕栽培における減化学肥料栽培試験では半促成栽培、抑制栽培ともに、有機質液肥100%使用でも慣行の化成液肥使用と同程度の収量が得られることを確認した。
研究分担鹿島特産
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030155871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat