(3)露地野菜の高品質安定生産技術の確立 ア.にらの高品質多収生産技術の確立

(3)露地野菜の高品質安定生産技術の確立 ア.にらの高品質多収生産技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:1年株を利用した11〜12月どりにらの品質向上技術を確立する。併せて7〜8月に抽だいが軽減される栽培体系を確立する。 成果:1年株は、2年株に比べ収量は劣ったが、葉幅が広く品質が向上した。品種及び保温開始時期(10月下旬保温開始と1月下旬保温開始)を組み合わせることによって、夏期の抽だいが軽減でき栽培体系を確立した。
研究分担野菜研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156025
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat