イ.果樹の晩霜害・加温施設栽培における発芽不良に対する適応技術の開発

イ.果樹の晩霜害・加温施設栽培における発芽不良に対する適応技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:なし、ぶどうの自発休眠覚醒モデル及び新たな休眠打破法を組み合わせた発芽促進技術の実証を行う。また、なしの晩霜対策マニュアルを作成する。 成果:シアナミド処理を行いDVI=0.7で加温を開始すると催芽率及び開花率は高まるが、果実肥大が劣ったことからDVI=0.7での加温開始は実用的でないと考えられた。
研究分担果樹研究室
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156029
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat