(2)生育診断・予測技術を活用した生産技術の確立 (1)水稲の品質向上のための生育診断・予測技術の確立  ア.水稲の品質向上のための生育診断・予測技術の確立

(2)生育診断・予測技術を活用した生産技術の確立 (1)水稲の品質向上のための生育診断・予測技術の確立  ア.水稲の品質向上のための生育診断・予測技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S61〜
年度2009
概要目的:水稲主要品種の生育状況を定期的に調査し、生育診断・予測技術開発のための資料を得るとともに、良質米安定生産及び生育診断に応じた対応技術を確立する。 成果:平成21年産水稲の生育はコシヒカリ及びなすひかりは平年並みだったが、あさひの夢は穂数・玄米千粒重・登熟歩合が平年を上回り多収となった。、
研究分担作物研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156034
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat