エ.いちご健全種苗生産のための病害検査プログラムの構築 

エ.いちご健全種苗生産のための病害検査プログラムの構築 

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目的:親株苗における炭疽病の検定を実施し診断プログラムの実用性を検討する。イチゴ萎黄病菌を採集し、分離菌株の病原性の強弱を明らかにする。炭疽病検定における問題点を抽出する。特に検定結果の再現性について検討する。効率的な検定方法の問題点を抽出する。特にバルク法について検討する。 成果:いちご苗生産現場における萎黄病、炭疽病の発生状況を明らかにした。また、遺伝子診断手法を用いた検査プログラムにより炭疽病の検定を実施し、本プログラムの有効性(問題点)を検討した。
研究分担病理昆虫研究室
予算区分受託(地方公共団体)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156061
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat