魚道機能の究明・魚種別利用状況調査

魚道機能の究明・魚種別利用状況調査

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜H21
年度2009
概要目的:魚道のタイプ別に魚種の利用状況を調査し、魚道機能の復元に向けた改修方法等を提言する。 成果:バーチカルスロット式魚道(巴波川、川島堰)について調査したところ、多様なサイズの魚類6種の遡上が確認され、魚類の遡上に有効に機能していると考えられた。魚類の遡上期に魚道内の水量が確保されていたこと、魚道の傾斜が緩く流速が抑えられたことが要因と考えられた。
研究分担指導環境
予算区分県単
業績(1)魚道機能の究明、魚種別利用状況等調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156084
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat