実需者ニーズに即した高品質付与試験

実需者ニーズに即した高品質付与試験

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2009
概要目的:消費者に好まれる肉色を得るため、給与する色素の種類、投与期間を検討する。 成果:天然色素・合成色素ともに投与期間が長くなるほど赤みが増したが、消費者に好まれる肉色には6ヵ月後でもやや及ばなかった。天然色素には合成色素に劣らない着色効果が認められた。
研究分担水産技術
予算区分県単
業績(1)実需者ニーズに即した高品質付与試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156088
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat