豚の呼吸器病に関する細菌学的研究

豚の呼吸器病に関する細菌学的研究

県名栃木県
研究機関名栃木県県央家畜保健衛生所
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目 的:豚の呼吸器病は、育成・肥育期において多発する重要な疾病の一つです。飼養規模の拡大と集約化に伴い、本病の発生も多様・複雑化しています。豚呼吸器病の実態を明らかにすることにより、農場における治療や予防対策に役立てます。、、内 容:病性鑑定材料及びと畜場出荷豚から豚呼吸器病原因菌であるActinobacillus pleuropnemoniae(A.pp)やPasteurella multocida(P.m)を中心に検索を行った。今年度は、と畜場の出荷豚からの菌分離がほとんどであるが、159検体中111検体から上記菌種等が分離された。来年度も引き続き菌検索を行い、分離株の収集を行う予定である。また、収集した株(A.pp、P.m)については薬剤感受性試験を行い、県内飼養農場の耐性菌の出現状況について調査を行う予定である。、
研究分担家畜衛生研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156104
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat