メタン発酵プラントの有効性・実用性の実証と評価

メタン発酵プラントの有効性・実用性の実証と評価

県名栃木県
研究機関名栃木県酪農試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜22
年度2009
概要目的:バイオガスプラントの技術評価を行い、現地普及への有効性や実証性を示す指針を策定する。、計画:運転条件を変え、年間を通じて経済性、エネルギー効率、物質収支、環境影響等の視点から評価を行う。、成果:家畜ふん尿と生ゴミを混合して投入したところ、家畜ふん尿のみと比べ1日当たりガス発生量を大幅に増加することがわかった。
研究分担畜産環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156140
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat