カワウによる漁業被害防除技術の開発

カワウによる漁業被害防除技術の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:県内では、1982年にカワウの飛来が観察されて以来、飛来場所は徐々に拡大し、現在では全県的な範囲に至り、魚類の生息に深刻な影響を与えている。これまで県として、追い払い、飛来数調査、駆除を行ってきたが、根本的な被害軽減には至っていない。このため、科学的な知見と手法に基づいたカワウによる漁業被害防除技術の開発を行う。、結果:1 アユとウグイをそれぞれ単独で収容した場合、魚種間の採食数に有意な差は認められなかったが、両種が同所的に存在する場合、アユに比べてウグイの採食数が有意に多かった。水深間の採食数には有意差は認められず、ウグイの採食数は笹があると採食機会を低減させる効果があった。また、カワウは人の服装の違いを明確に認識できること、また複数の刺激を組み合わせることでカワウの忌避行動が大きくなると考えられた。、、
研究分担水産環境係
予算区分受託(中央水産研究所)
業績(1)カワウによる漁業被害防除の方策(シンポジウム)カワウの餌魚種選好性−飼育実験から−
(2)カワウによる漁業被害防除の方策(シンポジウム)追い払いによる被害防除−その効果を高めるには−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156280
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat