肉用牛の哺育・育成・肥育一貫技術に関する高度化

 肉用牛の哺育・育成・肥育一貫技術に関する高度化

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜21
年度2009
概要 黒毛和種子牛の哺育・育成管理技術を確立(マニュアル化)するため、配合飼料給与方法の違いが育成牛の発育に及ぼす影響について検討した。 その結果、去勢牛において配合飼料を1日4.5kg定量給与する方が、成長に伴い給与量を増す増量給与に比べ乾草摂取量が多くなり、良好な発育が得られることが示唆された。、 しかし、雌の定量区では乾草摂取量は少なかった。配合飼料給与量の検討が必要と思われる。
研究分担大家畜係
予算区分県単
業績(1)和牛子牛の代用乳給与量の検討
(2)和牛子牛への代用乳定量給与法
(3)黒毛和種における人工哺育育成技術の確立〜育成配合飼料給与方法の検討〜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat