飼料作物奨励品種決定調査

 飼料作物奨励品種決定調査

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間各年次
年度2009
概要 飼料用トウモロコシ23品種およびソルガム8品種について、本県での地域特性を調査した。、 トウモロコシの10a当たり乾物収量は、早生では約2,300〜2,400kgでタカネスターが多収、中生では約2,500〜2,700kgでNS124が多収、晩生では約2,400〜3,200kg程度で30N34が多収であった。、 また、ソルガム8品種の10a当たり乾物収量は約800〜3,300kgで、中〜晩生ではトウモロコシに匹敵する収量が見込める品種が確認された。、 気象概要は、生育期間中の日射量が少なく降水量では6月および9月で平年を大きく下回った。この影響で乾物収量は前年より減収となり、すす紋病などの病害も多く発生した。
研究分担資源循環係
予算区分県単
業績(1)飼料用とうもろこしの品種比較調査(2006〜2008年)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156311
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat