業務用需要に対応した露地野菜の低コスト・安定生産技術の開発

業務用需要に対応した露地野菜の低コスト・安定生産技術の開発

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜H22
年度2009
概要 業務向け野菜生産においては、生産物のコストダウンを一層進めるとともに、現行の生産力水準を飛躍的に高め、安定供給を確保する技術開発が必要である。このため、業務用需要が海外産と競合するネギ及びサトイモについて、低コスト・安定生産技術を開発する。平床移植機を利用したネギの栽培技術や生産物の増収が期待できるサトイモの大型系統「丸系八つ頭」の導入、大型太ネギの品種選定、栽植密度を含めた栽培法の改善及び調理適性等に取り組む。
研究分担本所/食品開発・流通担当、、園芸研/○露地野菜担当
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156385
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat