本県酪農に適用可能なアニマルウェルフェア対応技術の開発

本県酪農に適用可能なアニマルウェルフェア対応技術の開発

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜H22
年度2009
概要 アニマルウェルフェア(家畜福祉)の観点から、既存の施設を大幅に改修することなく限られた条件の中で最大限に乳牛の自由な行動を保証する技術、畜舎緑化による暑熱対策技術ならびに恐怖・嫌悪が少ない牛の取り扱い方法等、快適性に優れた飼養管理技術を開発する。また、快適な飼養管理方法が乳牛の生産性、疾病発生におよぼす影響を解明し、本県に適した飼養管理マニュアルを作成する。
研究分担畜産研/酪農・肉牛担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156393
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat