受託試験事業、(単為結果性のナス栽培体系の確立)

受託試験事業、(単為結果性のナス栽培体系の確立)

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜H21
年度2009
概要 生産者は、ホルモン処理を必要としない省力的なナス栽培について、強い関心を持っており、昨年度より半促成栽培の作型で単為結果性ナス「あのみのり」の現地試作栽培が行われている。 しかしながら、広く普及している対照品種の「式部」よりも2〜3割程度収量性が低いこと等が普及上の課題となっている。そこで、「あのみのり」の収量性の改善を目的に栽培技術の検討を行う。
研究分担園芸研/野菜・花担当
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156443
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat