I 農林水産業の生産力向上 1 生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 (6) 業務用需要に応じた野菜の低コスト・安定生産技術の開発 1 業務用需要に対応した露地野菜の低コスト・安定生産技術の開発、 (1)ニンジンの省力生産技術の開発

I 農林水産業の生産力向上 1 生産力を高めるための栽培・飼育・繁殖・養殖等、千葉県独自の生産技術体系の開発 (6) 業務用需要に応じた野菜の低コスト・安定生産技術の開発 1 業務用需要に対応した露地野菜の低コスト・安定生産技術の開発、 (1)ニンジンの省力生産技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H20)〜(H22)
年度2009
概要 加工・業務用として歩留まりの高い大型規格ニンジンを、低コストで生産出荷できる栽培技術を確立する。本年度は、業務用需要対応品種の比較試験、無間引き栽培を可能にする栽植密度、施肥播種一貫体系を可能にする条施肥の施肥量を明らかにする。また、圃場貯蔵したときの外観品質、内容成分の変化を明らかにする。条施肥の施肥量は窒素7kg/10a程度で慣行の窒素15kg/10aと同等の生育を示した。圃場貯蔵したときの糖含量、βカロテン含量は3月収穫まで変化がなかった。
研究分担野菜
予算区分国委託・実用再委託
業績(1)ニンジン空洞症の発生に及ぼす株間と窒素施用量の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156510
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat