II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (20) 環境負荷軽減のための農業新技術確立研究事業1 環境負荷軽減のための新技術の確立と「ちばエコ農業」栽培技術の実証、 (3)露地野菜新技術の確立と「ちばエコ農業」栽培技術の実証、   2)ギニアグラス等対抗植物の導入によるサツマイモの「ちばエコ農業」栽培技術の確立と実証

II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (20) 環境負荷軽減のための農業新技術確立研究事業1 環境負荷軽減のための新技術の確立と「ちばエコ農業」栽培技術の実証、 (3)露地野菜新技術の確立と「ちばエコ農業」栽培技術の実証、   2)ギニアグラス等対抗植物の導入によるサツマイモの「ちばエコ農業」栽培技術の確立と実証

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H21)〜(H23)
年度2009
概要 対抗植物の種類、すき込み時期の違いによる生育及び線虫密度を調査した。種類の違いでは、生育量は、ギニアグラスに比べてソルガムが多かった。線虫密度は、各対抗植物を作付けすることで低下したが、種類の違いによる差は小さかった。すきこみ時期の違いでは、生育量は播種時期が早いほど多く、線虫密度の差は小さかった。
研究分担畑作
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156622
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat