II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (20) 環境負荷軽減のための農業新技術確立研究事業 3 減化学合成農薬及び減化学肥料栽培技術の環境影響評価、 (2)減化学肥料栽培技術の環境影響評価、  1)土壌溶液中の硝酸及びリン酸イオンの動態に基づく環境影響評価法の確立

II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (20) 環境負荷軽減のための農業新技術確立研究事業 3 減化学合成農薬及び減化学肥料栽培技術の環境影響評価、 (2)減化学肥料栽培技術の環境影響評価、  1)土壌溶液中の硝酸及びリン酸イオンの動態に基づく環境影響評価法の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H20)〜(H24)
年度2009
概要 黒ボク土及び褐色低地土において、ECセンサ及びポーラスカップを利用して、簡易な土壌浸透水の移動状況把握及び水量推定を行った。ECセンサはポーラスカップに比べて連続測定が可能であることから、水浸透の速い褐色低地土においても移動状況の確認が容易であった。一方、ポーラスカップは水浸透が比較的遅い黒ボク土において、週1回の採水によって移動状況を把握することができた。
研究分担環境
予算区分県単
業績(1)土壌溶液中の陰イオンの計測に基づく環境影響評価法の確立、第1報 黒ボク土及び褐色低地土における土壌浸透水量の推定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156630
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat