II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (20) 環境負荷軽減のための農業新技術確立研究事業 3 減化学合成農薬及び減化学肥料栽培技術の環境影響評価、 (2)減化学肥料栽培技術の環境影響評価、  2)有機物施用栽培における硝酸態窒素及びリン酸の溶脱による環境負荷の実態評価

II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (20) 環境負荷軽減のための農業新技術確立研究事業 3 減化学合成農薬及び減化学肥料栽培技術の環境影響評価、 (2)減化学肥料栽培技術の環境影響評価、  2)有機物施用栽培における硝酸態窒素及びリン酸の溶脱による環境負荷の実態評価

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H20)〜(H24)
年度2009
概要 化学肥料のみを窒素成分として11kg施用した「化学肥料区」、化学肥料区に牛ふん堆肥2,000kgを追加した「有機物施用慣行区」及び化学肥料を3割低減し、牛ふん堆肥と菜種油粕を有効な窒素成分として5.5kg施用した「化学肥料低減区」のコマツナ栽培後における土壌溶液中の硝酸態窒素濃度は、有機物施用慣行区>化学肥料区>化学肥料低減区の順であった。また、収量及び窒素吸収量は、有機物施用慣行区>化学肥料低減区>化学肥料区の順であった。
研究分担環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156631
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat