II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (22) 農業の環境負荷低減化技術の開発 5 農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発、 (1)農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発

II 県民の生活を守る環境に調和した農林水産業の推進 1 県民の暮らしを守る環境保全型農業水産技術の開発 (22) 農業の環境負荷低減化技術の開発 5 農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発、 (1)農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H20)〜(H24)
年度2009
概要 環境保全型農業が生物多様性の保全・向上に及ぼす効果を科学的根拠に基づいて定量的に評価するため、周辺環境が異なる3地域の環境保全型防除圃場と慣行防除圃場において、農薬の使用状況や周辺環境の違いが発生種の数や量に及ぼす影響を調査した。その結果、ネギにおける生物多様性の指標生物種の候補として、寄生蜂類やカブリダニ類等、約15種類を選定した。
研究分担病理昆虫
予算区分国委託・再委託
業績(1)千葉県の露地ネギ圃場におけるネギアザミウマおよびネギハモグリバエの土着天敵の発生状況
(2)ネギ圃場におけるトラップ調査で捕獲された生物種による薬剤防除の影響評価
(3)農業に有用な生物多様性の指標の開発 千葉県の露地栽培ネギ圃場における指標種の選抜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156640
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat